人気爆発エロマンガ!

▼人気爆発!ヒメカノ▼

漫画喫茶でヤリまくり|アロマコミック

アロマコミックさんの人気エロマンガ「漫画喫茶でヤリまくり!~毎日密室ハプニング~」。

現在、Handyコミックで36話まで公開されています。

 

⇒ 漫画喫茶でヤリまくりの無料立ち読み

 

漫画喫茶で検索して下さいね!

気になる漫画喫茶でヤリまくりの内容は、生まれつき女難の相がある高尾裕也は女難体質せいで仕事を解雇された回数は数えきれない。そんな高尾裕也が漫画喫茶「コミック・アロマ」で働くことに。店員も客も男ばっかりで良かったのだが、またしても女難のせいでエッチなトラブルにまきこまれることになってしまった。男店員が全員辞めたり、JKバイトが勤務中にオナニーしたり、裕也を誘惑する女の子がどんどん増えていく…。

女難と言っても女性に嫌われる訳ではなく、好意をもたれエッチな関係になってしまうという羨ましすぎる運命。男性なら、一度はこんな体験してみたいと思うはずです。登場人物の女の子がみんな可愛くて、画像に見とれちゃいます。

漫画喫茶でヤリまくり、今注目のオトナマンガですよ。

俺得修学旅行|奥森ボウイ

奥森ボウイさんの人気漫画「俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!」。

電子コミック配信サイトのオトナマンガランキングで1位を何度も取っている人気作品。

▼タップで漫画へGO!▼

 

俺得修学旅行の立ち読み

 

俺得修学旅行気になる内容は?

風邪を引いた姉・伊賀沙也加の代わりに女子校の修学旅行に姉と顔がそっくりの弟・勇太が参加するところから始まります。

姉の身代わりに参加しているのを知っているのは、姉の親友の篠原さんだけ。

誰かにバレないか心配しながら、女子校の修学旅行を楽しむ勇太。

そこへ、星女三巨頭の一人「夏目ルナ」が登場。

夏目ルナはスレンダーな美形ギャルで、ナイスバディの持ち主。

篠原さんに星女三巨頭にはかかわるなと言われた勇太。

寝る前に風呂に入ろうとすると、そこに夏目ルナが…。

勇太が伊賀沙也加の代わりに修学旅行に参加しているのが夏目ルナにバレてしまう。

夏目ルナは、理由を聞いただけで勇太には何もしなかった。

むしろ、勇太のアソコに興味津々で…。

女子校の修学旅行に男が一人、まさにハーレム状態です。読んでいて、勇太が羨ましすぎてしかたがなかったです。

某有名私立大学ヤリサーの実態|チンジャオ娘

Handyコミックのオトナマンガランキング1位!

大学のヤリサーがテーマのエロマンガ「某有名私立大学ヤリサーの実態」。

▼タップで漫画へGO!▼

 

某有名私立大学ヤリサーの実態の立ち読み

 

作者は、チンジャオ娘さん。

清楚でまだ男を知らない処女の高峰美春が大学のテニスサークルに入ったことで、人生が狂っていきます。

主人公の高峰美春は友達に誘われ大学のテニスサークルに入り、そのサークルの新入生の新歓コンパに参加します。

美春はコンパに慣れておらず、周囲から浮いていたところ、サークルの幹事長の郷山武志が声をかけ、美春の隣に座ってきた。

美春は普段飲まないお酒を飲み、酔いつぶれてしまった…。

気が付くと、美春は郷山と知らぬ間にキスをしていた。

そして、郷山の手が美春のパンツの中に…。手マンでイかされる美春はまた気を失ってしまう。

目を覚ますと両手両足を他の会員に抑えられ股を大きく開かされている。

郷山がズボンを脱ぎ、美春のアソコに突っ込んできた。

美春は郷山に処女を奪われたのだった…。そして次々と会員にヤられる美春。

このサークルは、実はヤリサーだったのだ。

 

ヴァージンツイート|クリムゾン新作漫画エロ垢

人気漫画家クリムゾンの新作漫画「ヴァージンツイート」。

登場するなり、オトナマンガランキングで上位にランクイン!

▼タップで漫画へGO!▼

 

ヴァージンツイートの無料立ち読み

 

今回の新作もエロくて面白いと評判です。

ヴァージンツイートの舞台は「エロ垢」。

エロ垢はエッチな写真を載せたり、つぶやいたりする裏アカウント。

小説家を夢見て東京に上京してきた「水咲あい」。

東京に友人は一人もいなくて、毎日寂しい生活を送っていた。

小説家へのコンテストに何度も落ち、日々ティッシュ配りのバイト。

そんな生活に失望し、ほんの出来心で始めてしまった「エロ垢」。

エロ垢を始めたとたん、今まで誰にも相手されなかったあいに多くの人から反応があった。

びっくりするほどフォロワーが増え、あっという間に400人超に。

ネットの向こうの人達が、あいのエロいつぶやきに注目しているのです。

あいは注目されることに不安がりながらも、どんどんエッチなつぶやきを投稿していく。

そして、嘘の内容のつぶやきまでしてしまい、その嘘のつぶやきがある日、現実のこととして起こってしまうのであった。