うどんの国の金色毛鞠

別名うどん県と呼ばれる香川を舞台に繰り広げられる、ほのぼのとしたハートフルファンタジーです。故郷の、田舎具合が好きになれず、上京しがんばっていた主人公の青年が、うどん屋を営んでいた父親の死をきっかけに、帰郷し、どうやら実家に住みついているらしい、不思議な小さな男の子との出会いから物語が展開していきます。

異様にお腹を空かせていて、名前もなく、あまり喋ることのないその子は、無邪気にいろいろと表情を変えて、主人公にあっという間に懐いてしまいました。独り、ガランとした実家に戻ったことで、今まで感じたことのないノスタルジックな感傷に浸りそうになる時、家族が揃っていた幼い頃の記憶が、ふと懐かしい様な幻覚とともに喚び起こされたり、その小さな男の子が、実はタヌキが変幻した姿だと気付き、空腹に畑を荒らしてしまったその仔だぬきが追い回されるのを目撃して、放っておくわけにもいかず、自分のところへおいでと誘い、二人の共同生活が始まります。

独立を決心し、故郷で伴にポコと名付けたタヌキと暮らして行く事を決めた主人公。無垢に人間的な生活を楽しみ、言葉も徐々に覚え成長するポコの愛らしさと健気さや、主人公の哀愁とお互いを支え合う温かな交流とが、時に涙を誘い、爆笑も誘うテンポの良いストーリー展開と、幼く愛くるしいポコの描写に惹き込まれる作品です。日常に疲れている人に、子育て中の人も含めて、読んで欲しい癒しの最高傑作。PRサイト:事故物件×留学生

2018/08/08 うどんの国の金色毛鞠 はコメントを受け付けていません。 電子コミック