いよいよ佳境!進撃の巨人

メジャーすぎる大人気作品ですが、連載も100話、単行本も26巻を超えいよいよ佳境に入ってきた「進撃の巨人」から目が離せません。

そのそも主人公エレン・イェーガーは、子供の頃に壁を破壊して自分たちの街に侵入してきた「巨人」に、母親を食い殺されるという壮絶な体験をし、自らの父親の計略によって巨人になることになった、過酷な運命を負わされた存在でした。

彼ら対巨人用の50mにも達する壁の中にこもって暮らしていた人類は、当初単なる巨人に食い殺される無力な被害者と思われていましたが、何とこの終盤では主人公にも関わらず、敵地に乗り込んで、かつて自分たちがされたのと同じ民間人を殺戮する挙に出たのです。単純に主人公だから正しいとは言えない世界であることは徐々に明かされては来ていましたが、ついに進んで殺戮者となったのです。

巨人の能力もかなり詳らかになってきたこの終盤で、読者の感情移入を裏切るかのような展開に、どんな着地点があるのか目が離せない作品です。

2018/08/28 いよいよ佳境!進撃の巨人 はコメントを受け付けていません。 電子コミック