中学聖日記

中学聖日記は教師と生徒の禁断の恋愛の話です。昔だと魔女の条件のような感じですが、純愛であり、綺麗な物語であり、何よりも黒岩くんの純粋で真っ直ぐな問いかけに翻弄される聖ちゃんが可愛くて共感できます。花火大会のシーンは、とても印象的で黒岩くんがストレートに思いを告げる場面は、同じ女性として胸を打たれました。自分のこの感情がなんなのか分からず、自然と先生に惹かれていくのが丁寧に描かれており、聖ちゃんを平手打ちする場面は、本当に意味が分からず、この生徒はなんなのだろうかと不思議で気になる生徒に読者としても引き込まれていきました。この感情が聖ちゃんと同じ感覚だからこそ、どんどん巻数が進むにつれて、聖ちゃんの気持ちを理解し、黒岩の言動の理解が深く分かるようになりました。同じシーンを読み返すことで、また面白みのある漫画で味が出てくる内容になってるのだと思いました。黒岩の僕は構わないという大人だと躊躇してしまうような言葉は、毎回感動します。PRサイト:現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー

2018/11/03 中学聖日記 はコメントを受け付けていません。 電子コミック