「こどものおもちゃ」は面白さの中に考えさせられるものがあります

子どもにも大人にもおすすめの漫画が、「こどものおもちゃ」です。人気子役の女の子サナが主人公の物語です。サナや、後にサナの恋人となるアキトを中心に、笑いあり涙ありの物語になっています。基本的にはギャグ漫画のような面白さで、一ページに一度は笑えるのではないかというほど笑えます。サナが面白い女の子である上に、特に、サナの母親のミサコがとても面白い人で、発言の一つ一つが笑えます。普段は楽しい毎日を送っているサナやアキトですが、仕事や友達、恋愛、人生、生死…など、様々な悩みにぶち当たります。そのたびにミサコをはじめとする周りの大人が助けてくれたり導いてくれたり教えてくれたりします。普段はふざけているようなミサコが、真面目な話は真剣に話すからこそ、心に届くものがたくさんあります。ミサコが真剣に話せば、子ども達も真剣に聞くのです。最初から最後まで笑っているのに、読み終わった後には色々と考えさせられる心に残るもののある漫画です。PRサイト:淫欲の棲家

電子コミックと紙のコミック、それぞれのメリット

電子コミックは紙のコミックと違い、荷物にならずにどこでも読めるというメリットがあります。本棚を圧迫することもないので、どれだけ購入しても、本の手入れは必要ありません。

また、電子コミックは携帯やタブレットでサイトに会員登録をすれば読めるところがほとんどです。また、同じアカウントであればパソコンとも共有できるので、外出先ではスマホで、自宅ではパソコンでというように、使い分けることも可能です。しかし、一度購入すると、そのコミックに飽きてもどうすることもできないというデメリットもあります。

本タイプならば買い取りしてもらうなどして本棚の整理が可能ですが、電子コミックの場合はそうもいきません。気に入っていつでも読みたいものであれば問題ありませんが、初めて読むコミックを電子で購入すると飽きてしまった際の処理に困ることもあります。まずはレンタルや試し読みで読んでみて、よく考えてから購入するといった対策は必要かもしれません。本のコミックと電子コミック、それぞれ使い分けて上手く活用すればいいと思います。PRサイト:人をダメにするちょいブ